リフォーム

リフォームの優先順位とは

築年数が30年以上を過ぎている中古物件は、どこか必ずガタが来ているところが見つかります。だから気に入って購入するということなら、リフォーム予算も含めて検討をしていきたいですね。特に水回りは言うまでもなく、リフォームを優先する場所になります。30年もののシンクや湯船は古くなっていますし、水漏れも発生している可能性はあります。お風呂のタイルも剥がれたり、ひび割れていたりということは、水が入り込んで劣化が進んでいるでしょう。
それに加えて外壁はボロボロになったり、柱は腐食していたり、雨樋などの装備品も外れてしまいがちです。内装では、畳は白くなって換え時を迎えていますし、雨漏りもしているかもしれません。30年ものだったら、まず耐震基準も満たしていないことは考えられることで、早急に耐震改修を図っていく必要があります。
中古住宅リフォームの優先順位としては、柱や梁の腐食カ所や基礎部分と、総合的な水回り、エネルギー関係の修理を第一に優先したいでしょう。家が崩壊したり、水や電気が使えないと困ることだからです。その後に屋根、部屋の各部位の不具合、エクステリアの改善、最終的におしゃれな見た目にリフォームといった具合でしょうか。中古住宅の各部位のチェックと、リフォームの優先順位の決定はしっかりと考えていくべきです。

CHOICES

リフォーム工事の魅力

私はリフォーム工事職人を3年ほどしていました。リフォームの魅力はなんといっても施工前から、施工後の確認をしたときの喜びだと思います。私のしていた部類は内装のリフォームです。クロス張り替え、床のク…

古住宅の匂いを取るならどこをリフォーム?

古い住宅を見て回ると気がつくと思うのですが、匂いがわりと気になるのですよね。古い住宅特有のなんかカビっぽいというか、ちょっとジメッとした感じの匂いです。私も中古住宅を購入したことがあるのですが、…

リフォームの優先順位とは

築年数が30年以上を過ぎている中古物件は、どこか必ずガタが来ているところが見つかります。だから気に入って購入するということなら、リフォーム予算も含めて検討をしていきたいですね。特に水回りは言うま…